副業

【電話占い】副業でもOK!

電話占い師は在宅ワークで効率的に稼げ、副業にも向いています。

副業で占い師ってなれないんじゃないかな?と思っていた方も大丈夫です!!
本業を持ちながらも、副業として占い師をしてらっしゃる方たちは結構多いです。

また、空いた時間を有効的に使えるとあって電話占い師を始める方は多いです。

ですが、空いた時間しか働かないとなると
「待機していてもお客様がこない」「リピーターがなかなかつかない」「鑑定しているより待ち時間の方が長い」
といった状況に陥ってしまう方もいます。いったい何故なのでしょうか?
 

電話占いで稼げない方の特徴

 
まず、電話占いで稼げていない鑑定師さんの特徴を書いてみたいと思います。

まず待機の仕方が

・待機の時間や待機曜日が不特定
・待機予定日にドタキャンする事がある

ある程度リピーターさんが付いているのなら別ですが、まだそれほどいない、始めたばっかりな方であれば時間や待機曜日が不特定だと折角のお客様を逃してしまいます。

また、折角リピーターが付き始めても、あそこの占い師はドタキャンするから辞めようとしてしまう可能性もありますので注意して下さい。
 
 

見えない不安をなくそう

 
電話占いは、対面占いと異なり、顔が見えないのでお客様にとってはかなりのメリットです。
しかし、顔が見えない分お客様は不安を抱えてしまいます。

些細な言葉や少しのタメ息は、顔が見られないこそ気をつけなければなりません。

「見えないからこの程度でいいだろう」

そういった気持ちでやっているのなら、一生稼ぐ事はできません。
 
 

見えない不安を失くすためには・・・

お客様に不安を与えないよう鑑定するには一体どうしたらよいのでしょうか?

不安を与えない様にするポイントは

   言葉使い
   話し方
   伝え方

この3つには気をつける必要があります。

例えばニュースキャスターやアナウンサーでも

感情を表に出さずに的確に事実を伝える時もあれば、親しみやすく時には感情を込めて伝える時もあります。

この二つの伝え方だけでも与える印象は全く異なってきますよね。

占い師はお客様の相談を親しみやすく時には感情をこめて対応しなければなりません。

電話は声と言葉しか伝わらないのですから、気を配れるようになればリピーターがついてくるはずです。
 
 

まとめ

 
電話占い師は副業でも稼ぐ事はできます。しかしながら、副業だからと適当に行っていればお客様もつきません。
副業でも稼げる方ですが、細かな事を気を付けなければならないのです。