能力

占い師に必要な能力

占い師になる為にはどのような能力が必要なのでしょうか?当たる占い師とはいったいどういった力があるのでしょうか。占い師になる為に必要な能力が一体どういったものなのかまとめてみました。
 

占いのスキル

当然な事ですが「占い師」ですので、占いのスキルがなくてはいけません。

占星術、タロットカード、手相、霊視、数秘術・・・どの占いをするにしても占い師はそれぞれのスキルや法則に精通している必要があります。

占い師によっては、様々な占術を使い分けて占う方もいます。
 
 

読解力

一般的に読解力とは文章などを読み解く能力を指しますが、その読解力こそが占い師にとってはとても必要となってきます。

占いの知識を用いてお客様の運命を「解読」してゆかなければなりません。占いは鑑定によってでた結果を「どう読むか?」でまったく変わってきます。

ですので、ここは一番重要な部分ではあります。長年の経験や勘がものを言う部分でもあります。
 
 

表現力・伝達力

占い師は占いから導きだされた結果をわかりやすく伝え、納得させる必要があります。

お客様を心から納得させる事ができれば、お客様はご自身のあり方を変えるようになり運命も好転してきます。その為にも、占い師には表現力や伝達力が必要なのです。
 
 

共感力

共感する力、それはどのような場面においても大切です。共感能力が低い人は人間関係においても損をしてしまう傾向があります。

占い師であろうと相談してくるお客様は自分の悩みを共感してくれ、心から優しいアドバイスをくれる方を求めています。
人の心や悩みを理解し、心に寄り添える豊かな「共感力」が必要なのです。
 
 

人生経験

人生経験の多い人の話ってどこかタメになりますし、アドバイスも聞こうと思いませんか?

占い師はただ優しい言葉をかけるだけではお客様を導くことはできません。
たまには叱咤激励も必要です。

ですが人生経験の浅い人に言われてもまったく響いてきません。同じ体験かそれ以上の体験があるからこそ、人を励ますことが可能なのです。
 
 

カリスマ性

 
単にハイレベルで豊かなコミュニケーション能力があっても占い師ってなると物足りないのも事実です。

いくら話が上手くても、それではいずれお客様に飽きられてしまいます。
なぜお客様は占い師の言う事を信じてくれるのか?それは占い師に日常を越えた魅力(カリスマ性)があるからです。
 
 

まとめ

 
占い師になる為には、知識だけでは足りないようです(泣)占い師は実践をする事が一番の成長につながります。占い師としての経験を積み良い占い師になっていきましょう。