稼げる理由

電話占い師が稼げる理由

在宅で働ける、時間を有効的に使えるという理由から最近話題の電話占い師のお仕事ですが、本当に稼げるのでしょうか?
 

収入はどのくらい?

 
電話占い師の収入は(目安)専業で25~30万、副業で月収10~15万が平均だそうです。

通常のOLの平均月収が20万ちょっとだと考えるとそれよりも数万円多いので電話占い師は稼げる職業だと言えます。しかも人気占い師ともなればこれ以上の報酬も貰える可能性もあります。
 

儲かる理由

   給与形態が歩合制・成果主義だから
   夜間でも働けるから
   スマートフォンの普及でお客様が増えているから

この3点が挙げられます。ひとつひとつ見ていきましょう。

給与形態が歩合制・成果主義だから

一般の会社員の労働時間は、週40時間の一か月で160時間で給料は基本的に固定給、年功序列的に上がっていきます。

一方で電話占い師の分給は「歩合制」働いたら働いた分だけ稼ぐ事ができます。

また会社員には労働時間の規定がありますが、電話占い師には労働時間の上限はありません。本人が可能であれば労働時間の制約なく稼いでいく事が可能になります。

このように給与形態が歩合制・成果主義であることは電話占い師が儲かる理由の一つとなっています。
 

夜間でも働ける

電話占い会社は基本的に24時間待機が可能です。その為、人が寝ている時間も働く事ができます。夜の時間を有効活用して効率よく稼ぐ事ができます。

また夜に待機するメリットもあります。夜の方がお客様が多い事です。
お客様が最も多い時間帯は夜10時~深夜1時ごろです。この時間のお客様は不安感が強い心理状態にあり、鑑定時間が長くなりやすい傾向にあります。

また、夜に待機できない占い師も多いです。
それもあり、必然的にお客様の予約が入りやすくなるのです。

特に、育児などの家庭の事情で長時間待機が難しい方は夜間の待機で効率よく鑑定して売上を伸ばしていきます。
 

スマートフォンの普及でお客様が増えた

ですが、ここまで電話占い師が稼げるようになったもっとも理由はスマートフォンが普及したおかげです。

スマートフォンの普及前は、占い=「占いの館に行き、行列に並び、ようやく鑑定」という形でした。

しかしながら、スマートフォンの普及以来、自宅や出先など好きな場所からスマホ一つで占いを受けれるようになり、より多くの方が場所や時間に囚われず、うらなって貰えるようになりました。

このことから電話占い師は稼げると言えます。