在宅ワーク

在宅ワークのメリット・デメリット

在宅ワークとは?

在宅ワークとは自宅で働くスタイル全般を指します。在宅ワークには様々なものがあり、データ入力やモニター、電話占い師、シール貼りといったものになります。
 
 

具体的にどんな仕事がある?

 
 電話占い師

電話回線を通じてお客様と会話し、鑑定または相談を受ける占い師。
人気占い師になれば、メディアでのお仕事も増えます。
 
 赤ペン先生などの仕事

通信式の勉強講座などの添削の仕事です。
この仕事は昔からあるのですが、最近は様々な種類の講座がある為需要が高まっています。
 
 配信業

今流行りのYouTuberなど動画投稿サイトに自分のコンテンツを配信して収入を得る仕事になります。
もちろん人気がなければ収入に結び付きません。
 

他には、データ入力などの事務系の職種の他、テープ起こし、ライターといった編集系業務、ホームページ制作やイラスト制作といったデザイン系業務など様々です。

 
 

給料はどのくらい

 
在宅ワークの給与体型は儲け負った仕事に寄ってかわってきますが、作業量に応じて給与が上がります。
単純作業より、プログラミングやエンジニアなど専門性の高い仕事ほど報酬が高くなります。
 
 

在宅ワークのメリット・デメリット

 

メリット

 
 通勤時間がない

在宅ワークの一番のメリットといえば、地獄の通勤時間からの解放です。

これまでサラリーマンやパートのお仕事でどのくらいの時間かけてましたか?
1~2時間という方も多いと思います。通勤ラッシュの時間帯だと座れもせず、人にもみくちゃにされながらととても大変ですよね。

ラッシュ時を避けれたとしても1~2時間の通勤時間はさすがにストレスになります。

在宅ワークなら、通勤時間がない為、こういったストレスから解放されます。
 
 
 集中力が高まる

会社とは全く違う雰囲気の中での仕事となります。

くつろぎの場でもある自宅にいるので集中力が格段に上がるという声も多くあります。

また、休憩もうまく取れる為、作業の効率も上がります。
 
 
 時間にゆとりが持てる
 
在宅ワークには通勤時間や会議などの時間がありません。
極端な話、起きてすぐにでも仕事に取り組む事が出来る為、本当にギリギリまで寝る事もできます。

更に自分の時間での仕事スケジュールの調整ができるので時間にゆとりを持てるようになっていきます。
 
 

デメリット

 残業手当がもらえない
 
これは職種によって違ってきますが、多くの仕事を手掛ける時に納期が迫っている案件があったり、夜の時間帯しか時間が取られない状況下にあって夜な夜な残業しても報酬は変わりません。

あくまで受注してもらった仕事内容分のみが報酬となります。

電話占い師は時間が決められている為そのような事がありません。そういった所でおすすめになります。